100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

時間をうまく使う(職場編)

先日の「人生を変える80対20の法則」にならって、時間をうまく使うように取り組んできました。

 

osagoto.hatenablog.jp

  

osagoto.hatenablog.jp

 

 

今まで以上にアウトプットの速度・質・量を出せるようになってきた気がしますが、どうしても時間が足りない。

メールを確認する頻度を下げたり、余計な打ち合わせには出ないようにしたりとやっては来ましたが、まだやり方が悪いのか、思い通りに時間をコントロールできません。

 

なので、少しドラスティックに以下のことを取り組んでみようと思います。

(99%自分用メモです笑)

続きを読む

今日の一番驚いた話

東海エリアの方なら馴染み深いテレビCM、中北薬品の活命茶。

 

www.youtube.com中北薬品 活命茶CM - YouTube

 

元気な子供たちが公園で遊び、活茶茶で水分補給するというビジュアル。

 

CMソングの歌詞は

 

これがなくっちゃ

これがなくっちゃ

これがなくっちゃ

これがなくっちゃ

やぁっぱりい〜

(ひー、ふー、みー)

かーつめいちゃー♫

 

と思ってましたが、

 

(ひー、ふー、みー)

 

ではなく

 

(We do need)

 

なんだとか。

 

いち、にー、さん、を敢えて

ひー、ふー、みー

という歌詞にしたと思ってました。

 

個人的には結構衝撃でした。

へぇ〜で終わりそうな話ではありますが。

 

今日はこんな感じで。

 

「ウィンストン・チャーチル」観た

 

 


第二次世界大戦、ヨーロッパ戦線。

ドイツの攻勢にヨーロッパ各国は恐れおののいていた。

しかし最終的にはドイツは負けた。

当時のイギリスはチャーチルが率いていた。

 


そんなレベルの知識しかもっていない私が観た感想です。

 

 

史実を元に描いた作品なので、世界史に詳しい人なら、たいしてドラマチックに感じなかったかもしれませんが、私はそれなりにドラマチックに感じました。

感動もしたり、へーそうだったんだぁと勉強にもなりました。

 

そういったストーリーのドラマ性を除くと、この作品は何も言いたかったのかなと考えてみました。

 


傲慢で強引なチャーチルも、人並みに悩み、孤独に苛まれていた。

ドイツ侵攻の恐怖や戦争内閣の閣僚の意見に負けそうになり、弱気になっていたが、王の励ましや市民の声に勇気づけられ、敢然と立ち向かう決断をした。

 


史実と照合すると、この映画の場面で、チャーチルが立ち向かう判断をしなかったら、第二次世界大戦の結果は違っていたかも知れません。日本ももしかしたら負けなかったかも知れないし、戦後の世界は今とはずいぶん違うものになっていたかも知れません。

 

イギリスは今また歴史の分岐点に来ていると思います。ヨーロッパ連合からの離脱、どうなるのかなぁ。今やっていることが後世まで大きな影響を与えることになる気がします。

 

 


チャーチルゲイリー・オールドマンが演じてたのですが、顔の形うまく特殊メイクしてたなあ。最初気づかなかったけど目でわかりました。彼は目が魅力ですよね。

 

レオン 完全版 (字幕版)

レオン 完全版 (字幕版)

 

 

 

 

ユニーメガドンキ行ってきた

近くのユニー(ピアゴ)が、メガドンキのダブルネーム店になったので行ってみました。

 


感想

疲れました。

 

f:id:osagoto:20190321154211j:image

 


用事があったのは食品コーナー。

おやつパンと缶詰とコカ・コーラを買いたかっただけなのですが、店内をどんだけ探し回ったことか。

 

特に、缶詰の棚が見当たらず店員さんに聞いたら、店員さんもよく分かってなかったという。海苔とか乾物の棚の近くにあると思ってずっとその近辺の棚を見ていたのですが、その棚からめっちゃ遠いところに。

 

ほとんどの食品スーパーには大体フォーマットがあります。

野菜、魚、肉、惣菜、日配品、パン、米、菓子、調味料、アルコール、日用品、それぞれが大差なく配置されてます。さらに、東海地区の方なら分かってもらえると思いますが、慣れ親しんだ「ユニーフォーマット」もあります。


これらが完全に崩れているということが、買い物をこんなにも大変なものにするものかと思い知りました。


ドン・キホーテ的には「敢えて」フォーマットを崩して、いつもより長く買いまわりさせて消費を促すように仕向けていると聞いたことがありますが、私のように買うものを決めてスーパーに行く人にとってはデメリットしかないですね。

 


食品以外も含めて特段メリットも無かった(値段も安いというほどでもなかった)ので、もう行かねえや・・と思いましたね。

やれやれ、こんな店舗が増えるのか。

 


PS. 

カネ美の惣菜があった点はちょっと安心できた点でした。今日は用事無かったけど。

 

最近のお気に入りソング

f:id:osagoto:20190320221852j:image

 

最近のと言っても、最新ソングではありませんので悪しからず。

 

「愛を伝えたいだとか」あいみょん

 

この曲はリズムがクセになりますね。あと彼女のルックスもクセになりそうです。

 

HANABIミスチル

HANABI

HANABI

 

随分前の曲ですが、Apple Musicでオススメされて聴いてみたら気に入りました。好み握られてるな。

 

「桜」コブクロ

桜

 

桜開花待ちのこの時期、やはり聴きたくなりますよね。同じ理由でいきものがかり「SAKURA」も同じく聴きたくなります。

 

SAKURA

SAKURA

 

「366日」HY

366日

366日

  • HY
  • ロック
  • ¥250

 

特に理由なく最近よく聴いてます。別れの季節、心に沁みるねえ。

 

「雨のように泣いてやれ」nakamuraemi 

 

nakamuraemi 、聴き始めて結構経ちます。女性向けの歌詞ですが、必死に生き抜いている人たちの心に寄り添い励ます歌詞は相変わらず良いです。これからも応援します。

 

「10years」渡辺美里

10 years

10 years

  • 渡辺 美里
  • J-Pop
  • ¥250

 

懐かしソング。30年前の我が青春時代の代表シンガーですね、渡辺美里は。これ以外に尾崎豊聴いたりとか、、、。

 

Apple Musicのおかげでいろんな曲を聴き放題のは嬉しい限りですなあ。

 

さて今日はこんな感じで。

 

 

 

しつけによる体罰禁止が法律化?

児童虐待のニュースを最近多く聞くようになってます。
ちょっとびっくりしたのは、「親による『しつけ』名目での体罰を禁止する」という法律が出来ようとしているという事。

www.nikkei.com

それって法律で禁止するものなの?

 

 


児童虐待の対応件数もうなぎ上りという事だそうです。

 

https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000361196.pdf

 

ただこれは、昨今のようにスマホが普及し、何でも調べられ、そして情報発信しやすいる環境があるが故だと思ってます。

親との関係に困った子供が、もしくはあの家庭は危ないと感じた周囲の人は、すぐに相談や通報ができる。
そういったことが対応件数の増加につながっているのだと思います。

ちなみに児童虐待による死亡は、最近急増しているわけではなく横ばいで推移しています。それほど悪化しているわけではないという事。

www.orangeribbon.jp


活動家による偏った情報発信、ニュース映えする悪い情報、そういった情報で児童虐待増加(実際は相談件数の増加)は脅威という世論が構築され、そしてそれに対応する法律作りが始まる。


一応断っておきますが、私も児童虐待は当然減らしていかないといけません。
親からだけでなく、その他、誰からであっても、弱い立場である子供を虐待はしてはいけないです。

虐待によって身体に傷を残してしまうことは当然あってはならないことだし、
精神的にダメージを与えることは子供の人格を損ねてしまう事となり避けなければならない。


ただ、そのために法律を作るというは、「太陽と北風」でいうところの北風ですね。果たして効果はあるのか。


親と子供という関係だけではなく、人と人がお互いを尊重しあえる世の中、そんな世界にしていきたいですね。

 

 

「Factfulness」読み始めるよ

先日の記事は、こちらの本を流し読みして気づいた点をまとめたものでした。

 

osagoto.hatenablog.jpこれからの世界はどう変化するか - 100年ライフの生き方

 

やっとこの本を入手したので、これから読み始めたいと思います。

 

勉強になりそうだな、これは、、!

 

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣