100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

私と読書

「ペンギンブックスが選んだ日本の短篇29」

図書館で借りることが出来たので読んでます。 まだ村上春樹の書いた序文ですが、かなり力を込めて書かれてます。序文自体がかなり魅力的。 ペンギン・ブックスが選んだ日本の名短篇29 作者: ジェイルービン,Jay Rubin 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/…

「騎士団長殺し」再読

「騎士団長殺し」昨年の夏に読みましたが、文庫版を買ったので再読しました。 昨年の感想を読み返してみましたが、村上春樹作品に復帰して間も無かったせいもあってか、「村上春樹ワールド」ですねといった軽い感想。 ここ1年で読んできた村上春樹作品の蓄積…

第一四半期総括

3月も終わったので今年の第1四半期を振り返ってみました。 体調が悪かったり、 家族の都合で時間を思い通りに使えなかったり、 仕事が忙しかったり 、、、などと書くと、しょうがないかなと思えてしまうが、自分の思うように使おうとしなかった心の弱さが、…

「レバレッジ勉強法」

レバレッジ勉強法 (だいわ文庫) 作者: 本田直之 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2010/06/09 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (4件) を見る 〜大辞林第三版より〜 レバレッジ【leverage】〔挺子てこの働きの意〕① 借入金によって投資…

「Factfulness」

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 作者: ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド,上杉周作,関美和 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2019/01/11 メディア: 単行本…

本と図書館を巡る魔法の数々

図書館は魔法に満ちた空間です。 図書館で目にして、「お、この本面白そう、よし家でゆっくり読もう!」と思って借り、いざ家に着くと、読まずに終わってしまう事がよくあります。 興味のある本を見つけたら、片っ端から借りたけど、二週間後、読み終わった…

今日だけは10ヶ条

先日読んだ、D・カーネギーの「道は開ける」でめにした、「今日だけは10ヶ条」。 これは良いですね。 ここから引用 1.今日だけは、幸福でいよう。リンカーンは「たいていの人々は、自分で決心した程度だけ幸福になれる」と言ったが、まったく至言である。…

「Factfulness」読み始めるよ

先日の記事は、こちらの本を流し読みして気づいた点をまとめたものでした。 osagoto.hatenablog.jpこれからの世界はどう変化するか - 100年ライフの生き方 やっとこの本を入手したので、これから読み始めたいと思います。 勉強になりそうだな、これは、、! …

「9割の人間は行動経済学のカモである」

行動経済学には興味があり知識は持っていたつもりでしたが、この本で体系的に理解できた気がします。 9割の人間は行動経済学のカモである ―非合理な心をつかみ、合理的に顧客を動かす 作者: 橋本之克 出版社/メーカー: 経済界 発売日: 2014/01/23 メディア: …

「おやすみ東京」

時計の針は1時をまわったところだ。 久しぶりに吉田篤弘さんの作品です。 この作品、中身もなかなか素敵ですが、装幀が素敵過ぎです。 筆者である吉田篤弘さんと奥様の吉田浩美さんのユニット、クラフト・エヴィング商會がデザインしたわけですが、作品名の…

80対20の法則を家庭に持ち込むと

80対20の法則を仕事でいかに上手く活用するかばかり考えてましたが、これを私生活に持ち込むとどうなるか? ちょっと考えてみました。 家庭における80%の成果とは 一人暮らしのあなたなら、趣味の世界に没頭する、旅に出る、読書をする、勉強をする、といっ…

時間の使い方について

今日も続き。 osagoto.hatenablog.jp osagoto.hatenablog.jp osagoto.hatenablog.jp この本で紹介されている時間の使い方ベストテンとワーストテンについて。 ベストテンは、私の頭レベルでは、結構難しい記述がされてます。「人生の目的に沿ったことをやる…

コアと非コア

引き続き、「人生を変える80対20の法則」の話。 「人生を変える80対20の法則」 - 100年ライフの生き方osagoto.hatenablog.jp 「人生を変える80対20の法則」を読んで学んだことを、どうやって活かしていくか。 - 100年ライフの生き方osagoto.hatenablog.jp 自…

「人生を変える80対20の法則」

「パレートの法則」についてみなさんはご存知でしょうか。 「利益の80%は顧客の20%がもたらす」 「仕事の成果の80%は費やした時間の20%から生まれる」 優先すべきは、より効果を生み出す上位20%である、ということです。 この法則をもとに、ライフハックを産…

"如意棒"と"一陽来復"

昨日の続き osagoto.hatenablog.jp 「人間の心は孫悟空の如意棒である」 ——ひろい世間である。長い人生である。その世間、その人生には困難なこと・難儀なこと・苦しいこと・つらいこと、いろいろとある。程度の差こそあれ、誰にでもある。自分だけではない…

「道をひらく」

経営の神様、松下幸之助の著書であるこの作品は金言に満ちた内容でした。 自分用ではありますが、「道をひらく」の名言を集めてみました。 「素直に」「謙虚に」「真剣に」 この3つの言葉は繰り返し出てきます。 「素直さ」 --- 天才と狂人は紙一重というが…

「騎士団長殺し」文庫本版

「騎士団長殺し」既に読んでますが、文庫本の装幀が良すぎて買っちゃいました笑 図書館で借りて読んだのですが、手元に置いておきたくて、、、そのうち買おうと思っていたところの文庫本化。ちょうど良かったです。 騎士団長殺し 第1部: 顕れるイデア編(上…

菜根譚いきなり来た

この書、菜根譚は、全部を一気に読むと言うより、ふと手に取り、パラパラとめくって読むというスタイルなのかな。 菜根譚 (岩波文庫)作者: 洪自誠,今井宇三郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1975/01/16メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 21回この商品を…

図書館について

図書館に行くと、世の中には本当に色々な本があるなあとつくづく思うことが多いです。 行くたびに新しい発見があるし、色々な考え方に触れることができます。 図書館を出て、建物を眺めながら、ふと思うのは、 この図書館の本を全部読めば膨大な知識の持ち主…

「日日是好日」

日々是好日、TwitterかInstagramかで、勧められて読んでみました。 ちなみに、「にちにちこれこうじつ」と読みます。 「ひびこれこうじつ」だと思ってました。 日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)作者: 森下典子出版社/メーカー: 新…

図書館の将来

とても愛すべき図書館ですが、使い勝手の問題と利用者との関係は課題があるように思います。 昨日の記事 osagoto.hatenablog.jp 使い勝手について 利用者カードの電子化。 普段持ち歩くものを減らすためにも是非お願いしたいです。QRコードとか活用すれば難…

図書館について考えた・横断検索編

図書館を利用していると色々と思うところあり。 考えをまとめてみました。 横断検索 「あの本、借りられる(読める)図書館無いかなぁ?」 そんな時には、複数の個々の図書館のページにアクセスして、蔵書検索してました。 あそこの図書館には無い、こっちには…

「道をひらく」

言わずと知れた、松下幸之助の名著。 道をひらく作者: 松下幸之助出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 1968/05/01メディア: 文庫購入: 42人 クリック: 420回この商品を含むブログ (143件) を見る 読めば、 「人生を強く行きていこう」 そんな思いが心に沸きあ…

「舟を編む」

先日、「肌に合わない」として、三浦しをんさんの「舟を編む」がなかなか読み進められないという記事を書きましたが、先程読み終わりました。 osagoto.hatenablog.jp 一気に読み進められなかった理由は後述するとして、作品の感想です。 登場人物について マ…

インプットを劇的に増やす

先日知った「flier(フライヤー)」というサービスについて今日は書きたいと思います。 サービスの成り立ち ビジネス・実用書を10分程度に要約してくれるサービスです。 本屋に行くとビジネス書・実用書は無数にあります。 題名だけ見てるとあれもこれも読みた…

三浦しをんが肌に合わない

少し前に「村上春樹が肌に合わない」という人のツイートが一部で話題になりました。 みちくさ市にてこんぺい堂オープンしました( ◠◡◠ )人通りも多く賑わってますね!今年もやっぱり「村上春樹が肌に合いません」、いろんな方に「分かる〜」「面白いね」とお…

人を操る禁断の文章術

文章術とかいて、メンタリズムと読ませる。 さすがDAIGOさんです。普通はそう読ませない笑 人を操る禁断の文章術作者: メンタリストDaiGo出版社/メーカー: かんき出版発売日: 2015/01/21メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る …

SCMと物流危機について(昨日の続き)

昨日の「BCPが読む経営の論点2019」の話の続き。 osagoto.hatenablog.jp 解決すべき課題として上がっていたものから、SCMと物流危機について、この本で読んで感じたことをまとめてみました。 健康とモビリティの未来については、過去記事でなんどか触れたこ…

「とんび」の映像版

先日読んだ「とんび」、6年前にドラマ化されてたんですねー。 物語の構成はちょっと違うみたいだけど、これはこれで良さげ。 野村宏伸の坊主役が以外にハマり役な気がする。 これは観たいな。 Amazonプライム・ビデオで配信されないかな~。 www.tbs.co.jp

「フーガはユーガ」

久しぶりに伊坂幸太郎さんの作品を読みました。 フーガはユーガ 作者: 伊坂幸太郎 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2018/11/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る まさに伊坂ワールド。 仕掛けの面白さ、軽妙な会話、懸命に生きる者たち、…