100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

読書

「変えなくては」と思ったきっかけの二つ目は「読書」への目覚めです。
 
目覚めるきっかけになったのは「働かないって、ワクワクしない?」という本です。
「オニマガ」というブログを愛読しているのですが、そこで紹介されていて興味を持って読んでみました。

 

VOICE新書 働かないって、ワクワクしない?

VOICE新書 働かないって、ワクワクしない?

 

 

 
「この本はズバリ、あなたを『勝ち組』にする本です」
 
という書き出しで始まります。仕事バリバリやって出世しても、長い目で見れば幸せじゃないことだってあるぜ、ダウンシフトして人生を考えてみなよというトーンで書かれています。
当時、公私ともに色々と疲れる時期だったので、随分とこの本には助けられました。
 
この読書をきっかけに、読書にハマりました。中学生の頃以来の読書ブームです。
 
なんの本だか覚えていないのですが、「本は作家の人生が詰まっている。本を読むことで自分が体験できない世界に浸れる」という事が書いてありましたが、全く同感です。
 
昨年2017年は、多分50冊ぐらい読んで、今年は100冊を目指して読書を継続してますが、視野を広げ、感性を鋭くすることができたと思ってます。
 
余談ですが、身銭をきって本を買うことが大事、という事をよく聞きますが、自分は図書館で借りまくってます。お金も有限なので・・・汗
本当に欲しい本、手元においておきたい本は、買ってますが、まずは濫読のためには図書館で良いのではないかと思います。