100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

楽しみながら脇腹を引っ込める方法

脇腹にショックを受けた私、奥様から「体幹トレーニングでしょ!」と言われ、まずは初めてみした。

よく聞くのはプランクという、肘を床につけて、腕立て伏せのような体勢で、静止し耐えていくというトレーニング方法です。

最初は30秒でも辛い感じでしたが、さすがに毎日やってると少しづつ時間が伸ばすことができ、ゲーム感覚で出来たのが続けられたコツかなと。

そして1ヶ月後、いつも通る、ちょっと高さのある段差を降りた時に、、、あれ?体がフラつかない。。

以前は段差を降りると勢いで、体がフラついていたのが、全くフラつかなくなっていたのです。

この効果は少し感動しました。なんとなく若返った感じで気分が良かったです。

それからも毎日少しづつ、時間の伸ばし、腹のサイド=脇腹に負荷をかけるサイドプランクなどバリエーションも増やしつつ継続してました。

2ヶ月ほどするとベルトの穴一つ分、ウエストが細くなり、更に1ヶ月後にはもう一穴分、、、という感じで順調に進んできました。

そしてついに脇腹ショックから半年後、同じスーパー銭湯の鏡の前で成果確認、、、脇腹の肉もつまめないレベルまで減らすことができました!
体重も5,6キログラム減ったので、体幹トレーニング様々。

この後も、ずっと体幹トレーニングは続けてます。
脇腹にショックを受けた方、体幹トレーニングオススメですよ!

今日はここまで。