100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

もっとも車の運転が危険な時期 続き

前回の続きです。

いまが、車の運転が危険な時期と感じる理由の一つとして、人口構成比の高い団塊の世代の老化を挙げましたが、あと二つあります。

 

一つは高齢者の運転。

普通の速度で走れないなど、本人もさることながら周囲も事故に巻き込むリスクが高く、本当に危険です。

ですが、地方に行けば行くほど、車は移動手段として大事で、手放せないものになってます。

車がないと買い物にも行けない、用事も済ませられない。いくら高齢化で運転がおぼつかなくなろうが、生きるために必要なのです。

 

最後の一つは、車が運転をサポートしてくれる車の普及が中途半端な状態にあること。

今はブレーキなどをサポートしてくれる車がかなり増えてきましたが、これが一歩進むと自動運転車が増えてきます。

普通の自動車と自動運転車が混在すると路上はどれくらい危険でしょうか?

普通の掃除機とルンバが同じ場所を掃除しているようなものです。普通の掃除機は動かしづらくなりますよね。

 

ここまで危険だと感じる理由です。

 

ではどうすべか、、、。

次回に続きます。