100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

長生きするということ

100歳まで生きる

 

そんな野望を持ち始めたのは、今にして思うと早死にした父が亡くなってからな気がします。

 

晩年の父は、手話を覚えたり、老人介護施設で働いたりと社会に貢献しようと生きてましたが、病に体を蝕まれ道半ばでこの世を去りました。

平均寿命から10年以上早かったかと思います。

 

そんな父の代わりというわけではありませんが、少しでも長く生きて、世の中の変わりざまを見ていきたい、と今思うようになってます。

 

家族には、

120歳まで生きて世界一の長寿を目指す、

玄孫(孫の孫)まで見届けるとか、豪語し呆れられてますが。

 

目指すぞ(まずは)100歳!