100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

「質問力」

今日は書評。図書館でブラブラながめて見つけた、茂木健一郎さんの「最高の結果を引き出す質問力」という本。

 

 

 



 

「心理学的に、うまい質問の仕方は?」という感じの本かと思いましたが、実際に読んでみると「自分を変え、世界を変えるための『質問力』」という触れ込み。

新しい視点でら目からウロコです。

 

質問をする相手も、もちろん他人もありますが、自分に対しての質問が大事であるとのこと。

 

〜引用〜

「質問とは、現状を少しづつ、しかし結果的には大きく変えていく力。

自分にとってのいい生き方、行動、思考を導き出す力。

質問によって、自分が快適に生きるための新しい選択肢ができます。」

〜〜

 

他にも脳の働きと関連付けたりと、脳科学者らしい内容もあり、いい意味で啓発されました。偶然の出会いに感謝!

 

あと、最後の方の項に質問力を高めるアクションというのがあり、その一つとして「思考をアウトプットする」とありました。

私がこのブログを始めたきっかけの一つが、まさにこれで、アウトプットの大事さを確認できたもの、この本を読んだ成果の一つとなりました。

 

明日から自分に、家族に、仲間に、質問してみようと思います。