100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

選択できる人生

今、45歳以上の人は、

中学までは公立学校、

高校は自分が行ける範囲で一番偏差値が高い学校、

大学も学部別はあれど、頑張って有名なところを目指し受験、

規模の大きな企業にはいり、

そして昇進できるように頑張ってきた。

 

これが我々世代の典型的な人生の歩み方で、私もそんな人生を歩んだ一人です。

 

ただ、ふと振り返ると、これが最良の人生だったのかな思うことはあります。

健康な体と、家族に恵まれ、経済的にもそこそこ、普通に幸せですが、これでいいのかなと。

 

私は、あまり物事を深く考えるのが苦手で、その時その時で一番楽な方を選んできた気がします。

 

もっと有意義な人生を送れたのではないか?

 

ただ、そんなこと考えても最後の結論はいつも一緒。

 

「自分で選んだのだから」

 

幸いなことに、私の親はあまり干渉してくれました。

部活動をやるやらない、

どこの高校を選ぶか、

どこの大学を選ぶか、

どこに就職するか、

全部自分で決めてきました。

 

なので、後悔はしても、自分のせいなので諦めがつきます。

 

しかし、これが親に言われたから、あの学校にした、あの会社に就職を決めた。

そんなことになると後悔しか残らないでしょう。

 

自分も子供に対して干渉し過ぎずに、自分の選んだ道を歩んでいけるよう、手助けしていきたいと思います。

 

f:id:osagoto:20180421224752j:image