100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

「AX」

f:id:osagoto:20180620223801j:image

 

この作品は、、、どストライクでした!!

 

最強の殺人者であり超恐妻家である主人公の兜が、殺人者と普通のサラリーマンを両立させているという設定の物語。

 

最強の殺人者を描写する緊迫した場面もありますが、その10倍ぐらい奥さんと息子の3人家族の間のやりとりがほっこりしてて、心には温かいものしかありませんでした。

 

特に緊迫したやり取りの中に挿入される恐妻家エピソードがもう。

 

引用
〜途中でスマートフォンにメッセージが届いた。

「よほど怖い連絡?」桃が言った。「怯えた顔をしているけれど」

「妻から、帰りに片栗粉を買ってきてくれないか、と。前に買い忘れた時のことを思い出したんだ。慌ただしいと、うっかりする」〜

 

 

けれども兜は本当に奥さんが大好きで、そして家族を大事にしている。

 

ラストの馴れ初めのシーンは、映像を勝手に創造できるぐらい気に入って、なん度も読み返しました。

 

 

別の殺人者シリーズも読んでみたいと思います。

素敵な作品ありがとうございます。