100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

外胚葉型、中胚葉型、内胚葉型

先日ネットで面白い記事を見かけました。

 

手首の太さで、表題にあるタイプが分かり、筋肉のつきやすさ、脂肪のつきやすさの先天的な体系がわかるとの事。

 

筋トレの効果が出ないという方必見!簡単体型チェックと体型別の筋トレ方法 | 健康習慣.com | 体と心を健康にする習慣

 

試しに職場で数名の人で試してみましたが、、、なるほど傾向は合ってますね。(体型を気にしてる人には余りオススメしないほうがいいと思います汗)

 

私は外胚葉寄りの中胚葉型って感じでした。

 

ちなみにこれ胚葉の型は、体のどこが発達しているかにも関係しているようです。

これだと私は消化器官は強くないって事かな。当たってるかも、、、。

 

外胚葉は、皮膚、毛髪、神経
中胚葉は、骨、筋肉、血液、生殖器
内胚葉は、食道から大腸までの消化器官

 

医学分野では「体質心理学」という分野で、この胚葉の型が分類の手法の一つになっているようで、これもなかなか興味深いです。

 

体質心理学(たいしつしんりがく)とは - コトバンク

 

それにしても「胚」って懐かしいなあ、学生の時以来だなと思い出しました。