100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

映画「聖の青春」

伝説の棋士村山聖を描いた「聖の青春」。

その映画化されたものを観ました。

 

原作を読んで、感動して、ちょうどその時に映画化されてので行かなきゃ!と思い、行きそびれてましたが、DVDレンタル屋でふと見かけてやっと観れました。

 

 

 

松山ケンイチ東出昌大の二人の演技力、グッときました。

 

特に食堂で二人が食事をするシーン、良かったです。

どこかで読んだけど、「この作品のヒロインは羽生」。確かに、村山の羽生への恋心が感じられました。

 

 


食堂のシーンで、もう一つ、羽生の言葉

「私は今日あなた(村山)に負けて、死にたいほど悔しい」。

ググッときました。将棋という苦しい道を選んでしまった二人の魂の通い合いを感じました。

 

f:id:osagoto:20180730225140j:image

 


あと、リリーフランキー演ずる森師匠。

弟子たちに、無理強いせずに、大きな心で見守る。嫌なことは「冴えんなあ」の一言。大きな人だなと感じました。


心に残る作品となりました。