100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

「ウィンストン・チャーチル」観た

 

 


第二次世界大戦、ヨーロッパ戦線。

ドイツの攻勢にヨーロッパ各国は恐れおののいていた。

しかし最終的にはドイツは負けた。

当時のイギリスはチャーチルが率いていた。

 


そんなレベルの知識しかもっていない私が観た感想です。

 

 

史実を元に描いた作品なので、世界史に詳しい人なら、たいしてドラマチックに感じなかったかもしれませんが、私はそれなりにドラマチックに感じました。

感動もしたり、へーそうだったんだぁと勉強にもなりました。

 

そういったストーリーのドラマ性を除くと、この作品は何も言いたかったのかなと考えてみました。

 


傲慢で強引なチャーチルも、人並みに悩み、孤独に苛まれていた。

ドイツ侵攻の恐怖や戦争内閣の閣僚の意見に負けそうになり、弱気になっていたが、王の励ましや市民の声に勇気づけられ、敢然と立ち向かう決断をした。

 


史実と照合すると、この映画の場面で、チャーチルが立ち向かう判断をしなかったら、第二次世界大戦の結果は違っていたかも知れません。日本ももしかしたら負けなかったかも知れないし、戦後の世界は今とはずいぶん違うものになっていたかも知れません。

 

イギリスは今また歴史の分岐点に来ていると思います。ヨーロッパ連合からの離脱、どうなるのかなぁ。今やっていることが後世まで大きな影響を与えることになる気がします。

 

 


チャーチルゲイリー・オールドマンが演じてたのですが、顔の形うまく特殊メイクしてたなあ。最初気づかなかったけど目でわかりました。彼は目が魅力ですよね。

 

レオン 完全版 (字幕版)

レオン 完全版 (字幕版)