100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

膝に水がたまる

 

先日、とある作業中に、昨年から調子が悪い左膝をねじってしまい、激しい痛みを感じ、その日はそれ以降左足を引きずって歩くような始末。


翌日も良くならなかった。

というか朝、膝をみたら左右で形が違っているような感じ。まるで双子の顔が突然別々なものになってしまったかのように。


これはとても良くないことが持ち上がってきているぞと思い、その日の午後に整形外科を訪れました。

 


膝を見て一言。

「あー、膝に水溜まっているね。抜こう」と一言。

 


水を抜けば痛みは和らぐし、腫れも引くとのことなので、水を抜くという行為の恐怖感を感じる間もなく、言われるがままにした。

 


水を抜く作業自体はあっという間だった。抜いた水を見たい気持ちもあったが、医者は次に患者へと去って行ってしまった。

 


その後は軽くリハビリを行い、痛み止めの薬をもらい、そして今に至ります。

 


それから5日程度経過しましたが、また双子の膝が別人になってきているような気がします。次回、また水抜かれるのか、もしくは手術へ、、、とかなるのか。

 


膝に水とか、まさか自分がそうなるとは、、、。


それなりに運動もしている(ここのところは少しサボリ気味でけど)のに、どうしてかなあと悩みが尽きない今日このごろです。