100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

「火車」

平成の30冊にも選ばれていた「火車」読みました。

 

osagoto.hatenablog.jp平成の30冊 - 100年ライフの生き方

 

ミステリー小説として非常に読み応えありました。

ミステリーのベストオブベストと呼ばれるのもわかります。

 

作品の発表の時期が1992年と、バブルがちょうど弾けてしまった時期。

カードの使いすぎで自己破産と言うのが物語のキーのひとつになってます。

 

登場人物の考え方が今の時代と違う部分が多くありますが、「人間の『欲』に対しての弱さ」は今も昔も同じ。

結局、誰も悪いことをしようとしていたわけではない。最終的に「犯人」とされている人物も暗い過去があり、ただ普通に暮らしたかっただけという、なんともやるせない内容です。

 

終わり方も良いです。

「そこで終わらせるかぁ〜」と唸りましたね。

 

映像化は、2回ドラマ化され、韓国版で映画化もされているそうです。

これだけいい作品なら、そう考えるでしょうね〜。

探して観てみたいと思います。

 

 

火車 (新潮文庫)

火車 (新潮文庫)