100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

「手ぶらで生きる」

有名なミニマリスト「しぶ」さん。

 

www.minimalist.co.jpMinimalist,inc. |株式会社ミニマリスト

 

 

本の内容は、他のミニマリストの方もよく書かれていることが多いです。

人生観的なところも含めていろいろ書かれてますが、自分的に引っかかったのは「1日1食」で生活するスタイル。

 


まぁ1日1食は辛いような気がするので、1日2食を試してみようかなと思ってます。

 

非効率だなと思っているのは昼食。集中を妨げて効率を下げているなぁと思ってます。

 

昼食のために一旦仕事を離れて、食事終わると、眠気で集中力が落ちてしまう。13時まで食事して14時位まで使い物にならなくなる感じ。

これがほんとに能率が悪い!

 

午前中の集中力のまま、午後も仕事を続けられれば、今より2時間ぐらい仕事の時間を減らせるかも。(まぁ定時よりは早く帰れませんがね)

 

ということで、試しに来週一週間、昼ごはんを抜いてみようかなと思ってます。

ただ昼食に、何も取らないのは、さすがにお腹が減りすぎるかもしれないので、スムージーを食事の代わり常備しておこうかな。(弱気)

 


本の内容に戻ると、作者の方は4畳半の部屋に住み、床にそのまま寝ているとか。これは腰膝を痛めた私から言わせるとあまりオススメできないかな…。

最近は3畳半の部屋に引っ越したらしいです。さすがにちょっとやり過ぎだったみたいですが気持ちはわかります笑

 

 

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法