100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

「マンガ サ道 2巻」

サウナ。

最近は週イチペースで行ってますが、水風呂の快感がやっと分かってきました。

 

サウナ→→水風呂→休憩。

このセットを3回ぐらい繰り返すのが、ここのところのルーティンです。

10分→1分→5分ぐらいが個人的には丁度良い感じ。

 

サウナの効能か、久しぶりに会う人から「健康そうだね」とか「肌スベスベ~」と言われて、すこし嬉しい今日、この頃です。

 

 

さて、先日「マンガ サ道 2巻」買いまして。

その中で心にのこったエピソードが2つ。

 

「夢のトリガー」

このエピソードの中でイケメン蒸し男くんが語るところ。

「なんでサウナに入ることがストレスに効くか」

「「それは『思考』から『感覚』の世界に切り替るから」

「1日のほとんどは頭の中の考えや思い、『思考』の世界にいる」

「『思考』にどっぷり浸かっていると過去を悔やんだり、未来を思い煩ったり、心が彷徨い始める」

「サウナに行けば、熱い冷たい気持ちいい『感覚』の世界に切り替わる」

「今この瞬間に気持ちがフォーカスされる」

 

この考え、完全同意です。

 

禅の教えに「今この瞬間を生きよ」という言葉がありますが、マインドフルネスなところにサウナ繋がっているのか~と納得しました。

 

 

「サウナ暮らし」

 

サウナ付きのカプセルホテルは一泊3,000円程度だそうですが、毎日泊まると月90,000円。

大都会東京だと家賃+光熱費で軽く100,000円をこえることを考えるとサウナ暮らしもありなんじゃないという話。

厳密にはカプセルホテル暮らしという表現が妥当だとは思いますが、あたらしいライフスタイルとして「あり」だなあと思いました。

 

相変わらずサウナ愛に溢れた役立つ本です。