100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

初代iMacの中に眠るデータの取り出し

 

osagoto.hatenablog.jp

 

 

先日のプロジェクトの続き

 

④ハードディスクから直接データを抜き出す

 

この方法で実際の作業に移ります。

 

まずはハードディスクを取り外すことから。

 

色々なサイトを参考にしながら、底面を開けて、ハードディスクやCDドライブがまとまっているユニットを取り取り外すことができました。

 

f:id:osagoto:20210104152816j:plain

 

こういう基盤を見ると人間ってすごいなあと思ってしまう。(22年前の基盤ですけど)

f:id:osagoto:20210104152908j:plain


で、取り外したハードディスクユニット。

f:id:osagoto:20210104153124j:plain

 

コネクタはIDEというやつで、これをUSBにケーブルで変換し、現代のMacへ繋げまする。

 

このために買ったケーブル。お安かったのですが、多分、この後は出番はほとんどないんはず。

f:id:osagoto:20210104153343j:plain

 

 

説明書通りに接続して、、、かなり慎重に。

そして結果としては、、、無事に写真データのコピーができました!!(画面がない〜)

 

 

いやー良かった。

長年iMacの中に眠っていた写真を取り出せて満足です。

 

高さ100mの大仏さんとか

f:id:osagoto:20020101115319j:plain

 

光る目とか

f:id:osagoto:20011230192232j:plain

 

必要なデータ抜き出したので、初代iMacは残念だけど廃棄かなー。

今までありがとうございました。

 

マグロのカマのような状態のiMacさん。

f:id:osagoto:20210104230326j:image