100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

「速読塾」

 

 

こちらの本を読みました。

 

速読について多数の本を書いている著者 齋藤孝さんの本です。

 

速読といえば「斜め読み」という単語など漠然とした知識しかなかったのですが、

コツというかポイントの押さえ方についてこの本で色々と紹介されています。

 

速く読む、というよりは、ポイントを押さえながら飛ばし読みするという感じですかね。

 

実用書では実践できそう、というか案外自分で既に実践しているなという感じ、ですが、

小説ではちょっと難しいかもなぁ。

この本では同じ著者の本をまとめて読むべし、とありました。でも小説で割り切って飛ばし読みして物語を感じ取れるものかどうか。

 

後、この本では、多くの本に触れることで、「視野が多面的になる」になるという効能を述べられています。

これは私も全面賛成ですね。読書は自分の世界を広げることに非常に役立つのは確かです。

 

本を読んだ感想を、書評のような形でアウトプットすることが大事ということも触れられていますが、これも大賛成。

私の場合は、ブログという形でアウトプットしていますが、読書会で仲間と本を紹介し合うような場面もいいんじゃないかなと思います。(読書会って出てこのないけど、どうやって見つければいいんだろ)

 

osagoto.hatenablog.jp

 

ということで本好きの方にはおすすめの本でした。