100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

「心臓を貫かれて」読書中

 

心臓を貫かれて

心臓を貫かれて

 

 

村上春樹が翻訳しているとのことで読んでます。

 

かなりの長編なのでまだ道半ばですが、、アメリカの暗部を垣間見ている感じです。

 

どこかの書評で「彼らは生まれた時から詰んでいた」と表記されてましたが、暗い血脈が引き起こした悲劇としか感じられません。

 

なんだか読んでると暗くなってくるので、読むのをやめようかなとも思いましたが、文章は読みやすい(村上春樹マジック?)のでなんとか頑張ります。