100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

私と読書

「速読塾」

齋藤孝の速読塾――これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫) 作者:齋藤孝 筑摩書房 Amazon こちらの本を読みました。 速読について多数の本を書いている著者 齋藤孝さんの本です。 速読といえば「斜め読み」という単語など漠然とした知識しかなかったのです…

「あたしんち Super」

我が家は「あたしんち」の大ファンで、 読売新聞の日曜版で連載されていた分の単行本は全21巻+ファンブックを完備しています。 この度発売された、去年ぐらいからAERAで始まった連載を集めた単行本を入手しました。 あたしンち SUPER(1) 作者:けら えいこ…

Kindle Unlimited 再開

ちょっと読みたい本があって、Kindle Unlimited を再開しました。 2ヶ月で299円というキャンペーンをちょうどやっていたので。 折角なのでなるべく多くの本に触れたいと思います。 とりあえず今日読んだのはこちら、、、マンガですがね。 COMIX 家族でできる…

最近の私の読書傾向

今週のお題「読書の秋」 毎月3冊ほど、本は読んでますが、テーマも決めずに、本屋や図書館で目に入った本を読んでいるので、身になっているやらなっていないやら。 今読んでいるのはコチラ。 極端豪雨はなぜ毎年のように発生するのか: 気象のしくみを理解し…

「イーロン・マスクの未来地図」

世界で最もSDGsに熱心な実業家 イーロン・マスクの未来地図 作者:竹内 一正 宝島社 Amazon 電気自動車と宇宙開発を一気に進化させた、イーロンマスクについて、もっと知っておかなければと思い読んでみました。 正直、この本の内容は持ち上げ過ぎだよなぁと…

「良いデジタル化 悪いデジタル化」

良いデジタル化 悪いデジタル化 生産性を上げ、プライバシーを守る改革を 作者:野口 悠紀雄 日本経済新聞出版 Amazon 元大蔵官僚で経済学者というのが筆者のプロフィール。 デジタル化のお題目はあるが、行政の縦割りや変化を好まない組織風土が悪いなど、経…

「ジェフ•ベゾス 果てなき野望」

少し前にジェフベゾス率いるBlue Originが発した声明が話題になってました。 jp.techcrunch.com この声明が、妥当なのか、トンデモ発言なのか、私はよくわかりませんが、 一つ思うのは、ジェフベゾスという人物は「自分が願うことを、どんな手を使っても実現…

「もしも徳川家康が総理大臣になったら」

気がつけば8月かあ。 夏だけど、ワクワク感は無いなあ。 花火を観に行ったり、遠出したりしたいですね。 コロナがなんとかならんとねえ、、、。 今日この本を読んでました。面白かった。 今の政治家に欠けているのは「重み」。 あと無私で国民のために考え、…

「習慣超大全」

最近、何とか”大全”という本多いですよね。 むかしむかしも、そんなブームの時代があった気がしますが、 その頃子供だったのが大人になって、「大全」ってみてワクワクするのを狙って、本のタイトルをつけているのかもしれません。 これは昔の本ではないよう…

品川猿と菊間千乃

今日読んだこの記事。 news.yahoo.co.jp 記事引用 で、実際に結婚してみて名字が変わると、パスポート、通帳、カードと、とにかく色んな物の名前を変えていきますよね。みなさんその不便さをおっしゃるんですけれども、私はそれよりも、そのひとつひとつでの…

この週末の過ごし方

osagoto.hatenablog.jp 先週、以上のように決意しまして、いきなりつまづくわけにもいかないので、 今週は頑張りました。 土曜日:車の点検、銀行で相談事(以上家族の用事)、本屋巡り、買い物の手伝い 日曜日:自転車で散歩、図書館、ジョギング(ウォーキ…

「数字で話せ」

数字で話せ 作者:斎藤広達 PHP研究所 Amazon 仕事で数字を使うことが多くなったので、色々と勉強をしなおししています。 一番大事だなと思っているのはデータを取り扱う能力。 私は文系人間ですはありますが、それなりに数字は強いつもりでいました。 が、そ…

ゲームやら読書やら

今週のお題「雨の日の過ごし方」 雨が降ると散歩にもジョギングにも行けないので、家の中で筋トレしてます あとは勉強かな、、、、と優等生的に答えたいけど、まあ読書かゲームですね。 読書は最近は村上春樹訳のレイモンドチャンドラー、ゲームはファミコン…

高い窓

高い窓 作者:レイモンド チャンドラー 発売日: 2014/12/05 メディア: 単行本 久しぶりに小説を読んだような気がします。 村上春樹が訳したレイモンド・チャンドラーの作品「高い窓」です。 ハードボイルド探偵ものの金字塔であるフィリップ・マーロウのシリ…

積み本の功罪

図書館で借りたり、古本屋やメルカリで買ってきた本が机の上で滞留している。 そんな日々が最近続いてますが、良い面と悪い面があるなあと思ってます。 良い面 本を読まなければという圧力が自分にかかり、読書に割く時間が増える。 図書館に返却後などで積…

「売上を、減らそう」

売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放 作者:中村朱美 発売日: 2019/06/14 メディア: Kindle版 少し前に流行った本ですね。 佰食屋という店舗を創業された中村朱美さんが書かれています。 「SDGs」というワードを最近よく聞きますが、 …

「働きマン」

昔、週刊モーニングを読んで端ですが、その時にお気に入りの漫画だった「働きマン」。 働きマン(1) (モーニングコミックス) 作者:安野モヨコ 発売日: 2012/11/05 メディア: Kindle版 先日のプロシェッショナルの庵野さんの回で、奥様の安野モヨコさんの話…

「ドカベン」

実家に帰った夜は、昔からある埋もれている漫画を読むのが楽しみなんですが、 今回は久しぶりに「ドカベン」を読み耽ってしまいました。 全48巻、、、ほぼ徹夜してしまった笑 ドカベン 全48巻完結 [マーケットプレイス コミックセット] 作者:水島 新司 メデ…

「おうち仕事術」

先日図書館で見かけて読んだ本の話です。 おうち仕事術 テレワークを最適化する50のテクニック 作者:戸田 覚 発売日: 2020/10/19 メディア: Kindle版 テレワークを行うようになって約1年経ちましたが、 過去の仕事術が使えないということが多々あります。 そ…

いいところも考えてみる

osagoto.hatenablog.jp osagoto.hatenablog.jp osagoto.hatenablog.jp ここのところ、 色々とぶつぶつ書いてしまったので、Amazonのいいところについても書きます。 なんと言っても、利用する側としては満足できる要素が多い点ですね。 現状のアマゾンプライ…

フェイクレビュー

先日の記事の関連です。 osagoto.hatenablog.jp アマゾンのフェイクレビューの話が、面白かった、というか恐ろしくなった。 潜入ルポ amazon帝国 作者:増生, 横田 発売日: 2019/09/17 メディア: 単行本 出品者が、高評価レビューの対価として、 商品を無料に…

Amazonとの向き合い方

最近読んだ2冊の本について。 amazon 世界最先端の戦略がわかる 作者:成毛 眞 発売日: 2018/08/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) 潜入ルポ amazon帝国 作者:増生, 横田 発売日: 2019/09/17 メディア: 単行本 かたや、 アマゾンがここまで成長した理由、 …

「池上彰の世界の見方 イギリスとEU編/インド編」

地理については、かなり詳しいつもりですが、 それぞれの国がどういう歴史的な背景を持って、そこに住む人がどういう考えを持っているかはあまりよく知りませんでしたので、勉強のために読んでみました。 内容は、高校生(中学生?)向けの特別授業のもので…

「怖い絵」

怖い絵 (角川文庫) 作者:中野 京子 発売日: 2016/03/25 メディア: Kindle版 なんかの雑誌で、「50歳超えたら教養としてアートを学べ」と書かれて、お勧めされていたので読んでみました。 ヨーロッパの絵画って怖いのが多いイメージでしたが、この本を読んで…

「ルポ トラックドライバー」

ルポ トラックドライバー (朝日新書) 作者:刈屋 大輔 発売日: 2020/11/13 メディア: Kindle版 仕事の内容に関連があるので、読んでみました。 物流危機の原因のひとつである、トラック運転手が稼げなくなった理由をなんなんだろう? という疑問がずっとあっ…

さらばPSX

最近、「捨てる」ではなくて「手放す」ウェーブが来てておさまりません。 どうしようと迷ってたPSXも手放しました。 先日のiMacに引き続き、中でデータがネックになっていたんですが、 なんとかなったので。(超めんどくさかった〜) osagoto.hatenablog.jp …

「ホテルローヤル」

ホテルローヤル (集英社文庫) 作者:桜木紫乃 発売日: 2015/07/03 メディア: Kindle版 映画化もされているこの作品を読みました。 ホテルローヤルをめぐる男女の人生がショートストーリー的に描かれたこの作品。 先に映画の方の予告編を観てから、この作品を…

「世界で最も危険な男」

世界で最も危険な男 ~「トランプ家の暗部」を姪が告発~ 作者:メアリー・トランプ 発売日: 2020/09/15 メディア: Kindle版 いや表紙のこの写真の男性、 60年代ぐらいのサイコパスな殺人鬼みたいな恐ろしさを感じるんですが、 そんな彼がアメリカの大統領な…

2020年振り返り ー読書ー

今年はあまり読めなかった、の一言。 一人で暮らしていると自由に時間を使えたので、好きなだけ読書時間を確保できたんだけど、家族との時間を過ごすとなると、なかなかそうも行かず。 とはいえ月一ぐらいは読めましたかね。 今年読んで良かったと思う作品た…

寒波

三日月も寒そうな朝の写真。 今週は寒いみたいで。 週中で、名古屋に行かねばならないので、ちょっとヤダなぁ。 【大雪情報】週明けの明日14日(月)から17日(木)にかけて強い寒気が流れ込み、日本海側を中心に広範囲で雪が降る予想。北陸や東北では今冬初めて…