100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

不便にする

ここのところ「モノ減らし」が進んでます。

 

無くしたもの

 ↓

別途報告します

 

無くなったもの

  ↓

osagoto.hatenablog.jp

 

 

便利なものでも、逆に自分を縛り付けたり場合もある。

 

 

ハイスペックより、ロースペックがいい場合もある。

そんな時代にが来ている気がします。

 

 

GoogleのPixel5あたりはそんな兆候でしょう。

 

www.itmedia.co.jp

 

 

スマホの役割を考えると、

生活のツールとして使うアプリが動く程度のCPU性能、

それなりに綺麗なディスプレイ、

余計な操作をせずに日常をありのままに切り取れるカメラ、

適度な大きさ、

バッテリーの持ち、

軽さ。

 

iPhone12proのLiDARや、プロ向けのRAW撮影も、普通の人には全く使えない機能だと思うので、無印iPhone12の方が圧倒的に売れていくと予想してます。

 

便利さを求め続けるとキリがない、

 

あえて不便にとどまる。

そういった選択肢もあると思います。

 

人生楽ありゃ苦もあるさ

先日、メルカリで良い買い物が出来たので、

 

イヤッホーと喜んでたけど、

 

今日はワイヤレスイヤホン落としました、、、。

落としてすぐに道を探したんだけど、

暗い夜道だったので見つからず。。

 


f:id:osagoto:20201021221612j:image

 

いやいや、、人生楽ありゃ苦あるさ。

ですなあ。

 

次は良いことありますように

○| ̄|_

無料で楽しめる日常

先日の記事を書いた後に思いついたんですが、無料で楽しめるアクティビティはたくさんありますので、その紹介を。

 

osagoto.hatenablog.jp

 

散歩

 

健康にもいいし、散歩というのは年齢を問わずに楽しめるアクティビティです。

私も膝が痛むので走れないのですが、歩きならなんとなるのでもっぱら散歩アクティビティ派です。

 

ただ、目的もなく歩くのも面白くないので、ついでに楽しめる2つの趣味を紹介します。

1)Geocaching

時々ブームになっているのでご存知の方も多いと思いますが、GPSを活用した現在版宝探しゲームです。

アプリに表示された座標(北緯43度、東経135度とかいうアレ)に行き、そこで隠された「宝」を探すゲームです。リアルなお宝ではありませんが、巧妙に隠されているので見つけるとオオッ!!てなります。

詳しくはこちらをどうぞ。

www.geocaching.com

 


What is Geocaching?

 

2)今昔マップ

 

要は古地図と今の地図を比べて、この場所は昔こうだったんだなあと楽しむということです。散歩しながら、昔はこの辺りは、こんな地形だったんだとか思うのも一興です。

 

http://ktgis.net/kjmapw/index.html

 

f:id:osagoto:20201020190302p:plain

 

 

筋トレ

筋肉は裏切りません。老化も防止できるし、美容にもいい。

自分への投資でもあり、最強の時間の使い方でしょう。

中でも体幹レーニングが最強だと思います。

腹が引き締まる!

 

osagoto.hatenablog.jp

 

ポッドキャスト

 

一言で言うとインターネットラジオです。

無料で聴けるものが大半で、ニュースもあり、テレビを観ずとも世間の最低限の情報は得られます。

他にも楽しめるおしゃべり番組、英語が学べる番組、色々です。

スマホがあれば聴けますので、散歩しながら聴くとか時間を有効に活用してはいかがでしょうか。

 

iOSなら

Apple Podcasts

Apple Podcasts

  • Apple
  • エンターテインメント
  • 無料

apps.apple.com

 

Androidなら

play.google.com

 

おすすめ番組 

NHKラジオニュース

NHKラジオニュース

  • NHK (Japan Broadcasting Corporation)
  • ニュース
  • ¥0

 

 

 

 

 

 

 

 

時間はあるけどお金はない。そんな人にも豊かな時間を。

 

がんばりましょう!

 

生きてりゃ良いことあるさ

コロナの影響で、世界中が先行きの不透明さに覆われてます。

海外への旅や人が集まるイベントの開催も難しく、経済的にも苦しい状況で、息苦しさが増していることも確かではあります。

人と人もふれあう場もなかなか持てずに、独り暮らしの人はストレスを強く感じていることでしょう。

 

でも、だからと言って、人生が終わったわけではありません。

 

日常のなかにも沢山の楽しみがあります。

 

日常の綺麗な風景、

思いがけないところで見つけられる美味しい食べ物、

図書館で出会える素敵な本、

 

世間からの情報をシャットダウンして、

目の前の日常にフォーカスすれば、

きっと新しい発見があるはず。

 

今はアイドルタイムとして、静かに過ごすのもありかなと思います。

 

頑張って生き抜きましょう。

 

 

「映画 鬼滅の刃 無限列車編」観た

 

平日観に行くと言ってましたが、

結局、早くみたいな!ってなって、早朝の空いてる時間を狙って観てきました。

 

映画館に来たのは半年以上ぶり、振り返ると1月に観た「Ford vs Ferrari」以来でした。新型コロナめ。

観に行った映画館では席の間引きはなく、代わりに食事は禁止(飲み物はOK)と言う対応でした。

 

早朝の上映開始にもかかわらずほぼ満席。

年配の方から小さな家族連れまで幅広い客層で、鬼滅の刃の人気ぶりが伺えます。

 


f:id:osagoto:20201018113647j:image

 

観終わった感想:心が熱かった。煉獄さん素晴らしい。

 

詳しい内容はネタバレになるので書かない(単行本読めばわかる)けど、

こういった漫画から子供たちが良い影響を受けて育ってほしいと感じた。

 

心に残る言葉がたくさんあったけど、この言葉が一番強く残った。

 今のヒトの世の中、世界中の人が心に刻み込んでほしい。煉獄母も素晴らしい人だ。

 

「弱き人を助けることは強く生まれたものの責務です」

f:id:osagoto:20201018113620j:image

それにしても、きっとこの後も熱い展開なんだろうなあ。

単行本読んでないけど、読みたくなる。。。

 

Uber Eats と 出前館

「今夜、私が頂くのは・・・」

f:id:osagoto:20201017205750p:plain

 

CDO=Chief Demae Officer w

f:id:osagoto:20201017210217p:plain

 

新しい形のデリバリーとして最近注目されているUberEatsと出前館CM。

バンバンやってるし、実際に使った人の体験談もよく見かけるしで、普及してきた感じはしますが、私はまだ使ったことがありません。

 

UberEatsは、、、まあウチの近辺ほどの人口密集度では出来ないよね。。

f:id:osagoto:20201017165559p:plain

「今夜、私が頂くのは・・・」ってやってみたいんだけど。。

www.youtube.com

 

出前館は「配達インフラを持つ飲食店と個人をつなぐ役割」と「配達リソースと飲食店と個人をつなぐ役割」の2つがありまして、うちの近辺でも若干使える店舗があります。ただもともと出前をしているところを繋げてくれてるだけで、取り立ててお願いするほどじゃないかなって感じです。

画面には無いけど水道修理のお店もラインナップにはあって、そんなところまで繋いでるんだ。

 

f:id:osagoto:20201017165621p:plain

 

 

調べると、それぞれ面白い事業だなと分かります。

 

UberEats

UberEatsは、人口が集中するエリアで、「配達リソースを持たない飲食店」と「いわゆるギグワーカーと呼ばれる個人の自転車を持ち込んで配達する人」と「個人」をつなぐ事業を行なっております。

素人が気軽に参加して副業感覚で取り組める点が、Uberの本業、自動車配車サービスと一緒。コロナで仕事が減ったタレントがやってみたりして一時期話題になりました。

素人が参加しているので、まあ色々トラブルもあるらしく、商品が溢れまくっていたり、猛スピードで走る自転車が接触事故を起こしたりと闇の部分もありますが、多様な働き方が選べるようになったという点では評価できると思います。

 

面白いのは配達員の皆様のいろいろなTips。

都心が稼げるので越境したり、自転車シェアサイクルを借りたり、電動自転車が姿勢をアップライトに保てて商品を切に運べるとか、原付キャピノーを借りるのもいいよとか、注文にすぐに対応できるようマクドで待機するとか、、、。配達する側も評価の対象になるので綺麗に商品を運ぶことがデリバリーの上では非常に大切だということなんでしょう。

 

japaneseworker.com

 

ギグワーカーとは 意味/解説 - シマウマ用語集

 

出前館

出前館は結構歴史があるんですね。

 

沿革 | 株式会社出前館

2000年 10月 デリバリー総合サイト「出前館」をオープン 

 

デリバリーのポータルサイト的な位置付けから、徐々に「シェアデリバリー」と呼ばれている、要は「配達機能をもつ業者」と「配達機能を持たない飲食店」をマッチングさせるわけです。面白いのは「配達機能」として新聞配達店(ASA)と連携しているということ。確かに昼とかは新聞配達のバイクは遊んでますからね。

配達代行事業 | 株式会社出前館

『出前館』と新聞販売店「ASA」の協業店舗、関西でも展開 大阪府枚方市でシェアリングデリバリー™がスタート! | 出前館 | 株式会社出前館

 

 

あともう一つ面白いのは、飲食店や配達業者をサポートする「仕入館EC」というサイトを立ち上げていること。

飲食店むけには食材や容器を、配達業者にはレンタルのキャピノーを。

価格も、個別に購入するよりは交渉しやすくなるし、誰に聞けば良いかわからない業者は助かることでしょう。

仕入館ECサイト

 

今年になってCMでよくみるようになったので新しい企業かと持ったけど、なかなか地道に積み上げてきているなという印象を受けます。

特に今年はコロナ需要もあり、知名度と業績を一気にアップさせており、株価もすごいアップしてますね。

f:id:osagoto:20201017204039p:plain

 

UberEatsと出前館を比べると

こうしてみると、よく同列に並べて比べられる2サービスですが、提供しているサービスは一緒だけど仕組みは全く違うことがわかります。

シェアデリバリーの拡大のしやすさという観点では、個人に頼るUberEatsより、活用できるインフラが広い出前館の方が、優位に立ってそうですね。デリバリーの品質についても配達のプロの方が優位だろうし。

 

コロナの影響で移動という概念が変わる中、どういう社会になっていくのか、食品のデリバリーがどう変化していくのか、しばらく気になりそうです。

 

 

映画「鬼滅の刃」について

kimetsu.com

 

観てきましたー!と言いたいところですが、流石に今日は仕事がねえ・・・。

週末も混雑するだろうし、フレックス勤務を生かして昼間観てこようかなと思ってます。

 

大人なのに?と家族には言われますが、

絵が綺麗だし、純正ジャンプ漫画って感じで良いんですよね。

 

ストーリーや感想はなるべく見ずに、、早めに行かなきゃなあ。

 

 

 

osagoto.hatenablog.jp