100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

安全な車社会に向けて

前々回の続きです。

まず事故のない車環境のために、自動車メーカーには自動ブレーキなどの安全サポート機能は、全車種全グレードに標準でつけるようにお願いしたいです。

車種やグレードによってとか、オプションなどではなく、全車標準にすべきだと思います。

 

現時点マツダが全車に同様の安全装備を標準にしました。個人的にマツダには思い入れがあり応援している企業なのですが、高く評価してます。

 

あとできるなら後付けも出来るよう検討をお願いしたいですね。高齢者など新しい車を買うゆとりがない人もいます。

 

自動車メーカーは安全な社会のために社会的な責任があると思いますので、強くお願いしたいです。

 

もちろん最後は運転する我々が安全を心がけることが大事です。

私もついつい、スピードを上げる、一台でも前に出たい、そんな気持ちになってしまいます。

最近は運転する前、カッとなったら、深呼吸をして落ち着かせるように自分をコントロールしてます。

 

自動車は凶器、そんな意識で生き抜いていきましょう。