100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

自然からの警告

台風災害の全容も復旧の目処もみえないうちに、とても大きな地震がおきました。

 

被災地の北海道の皆さん、まずは落ち着いて、家族や仲間と助け合いながら復旧させていきましょう。応援してます。

 

我が家にはテレビが無いので、細かい情報が確認できないのですが、地滑り、液状化、断水あと大変だと思うのが停電。いまや電気が無いと、何もできない、どこにもいけない、状態になってしまうのは、文明の落とし穴というやつでしょうか。

蓄電の技術はもっと進化させないといけないと思ってます。

 

さて、今年は本当に自然災害が多く、なにか間違った道に向かっている我々に対し、自然が警告を発しているのでなかろうかと、思ってしまいます。

 

今日観た映像で、少し考えさせられたのが「スマホの充電に長蛇の列」という写真。

 

《北海道地震》道内全域停電をもたらした、ブラックアウトとは?

 

電気もありますが、現代の私たちにはスマホはある意味お金より大切な道具になってます。緊急時は、平時以上に大切な存在になるでしょう。おそらく私にとっても同じも「バッテリー切れる、ヤバイ!」と焦りまくるでしょう。

 

ただ、ふと考えると、家族、親類、友人に無事であることを伝えれば、あとはスマホでやるべき事はそれほど無いはず。

TwitterFacebookで近況を刻一刻と伝える必要もないはずだし、Instagramで衝撃映像を伝える義務もないし、ましてやゲームにログインする必要も無いはずです。

 

だがしかし、我々は、スマホのその小さな画面に向かって、呟き、報告し、いいねをもらい、そしてレベル上げをするでしょう。

 

我々人類の父であり母である自然から、目を覚ませと言われているのかもしれません。

 

今はスマホを見ている場合ではないのだ。

自然に目を向け、家族や仲間と共に生きていく事を向き合うのだ。

 

そんな声が聞こえるようにも感じます。

 

私たちはどこに向かうのか。

それを決めるのは私たち自身です。

 

以上、スマホの小さな画面から投稿してみました。

 

f:id:osagoto:20180906220503j:image