100年ライフの生き方

100歳まで生きてポックリ死ぬ。それが目標です。読書の楽しさに感化され、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくってます。本屋めぐり、古本屋めぐり、図書館めぐり、が今ハマっていることです。

生産性を高める

橘玲さんの本に続き、タニタが出した働き方の本を読んでます。

 

f:id:osagoto:20200617172058j:image

 

これらの本を読んでいると「日本の企業の労働生産性の低さをなんとかしないと日本の経済は沈没する」という危機感を久々と感じます。

 

osagoto.hatenablog.jp久しぶりの図書館 - 100年ライフの生き方

 

タニタの働き方革命

タニタの働き方革命

  • 発売日: 2019/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

働くもの一人一人の意識をなんとかしないといけないという点と合わせて、マネジメントも変えないといけないと思います。

部下が、自分で考えて行動できるように=自律できるように、成長させていくことが求められるでしょう。

 

なんにせよ「今まで通り」では、絶対うまくいきません。

 

今、私自身も自分の与えられたミッションに対峙して正念場を迎えつつあります。

これまで培ったノウハウを総動員しなければと心を新たに取り組んでいきたいと燃えてるわけです。